合格率を上げて旅行業務取扱管理者管理者に一発合格

*
*

合格率を上げて旅行業務取扱管理者管理者に一発合格

旅行業務取扱管理者は、合格率は30%であり、国家資格の中でも合格しやすい資格と言えるでしょう。旅行業務取扱管理者は合格率が高くてねらい目ということもあるのですが、旅行業界唯一の国家資格なので、旅行業界への転職を考える方にはおすすめです。私は去年、この試験を受けて、無事合格することができました。

旅行業務取扱管理者管理者の合格率の上げ方

旅行業務取扱管理者の試験を受けてみて思うのは、旅行業務取扱管理者はもともと合格率が高いのはあるのだけれど、コツをおさえて勉強すればさらに合格率を上げられるな、ということです。30%の合格率を、40%にも、がんばれば50%にもできる可能性があります。「平成30年度 総合旅行業務取扱管理者 試験結果を見ると、実際に、やりようによっては合格率を92.9%にすることもできることが分かります。もっとも、私はこれとは別の方法で合格したのですが・・・

もちろん旅行業務取扱管理者の合格率を上げるには、情報収集は必要です。旅行業務取扱管理者の合格率を上げるコツを利用するには、それがどのようにしたら利用できるか、方法を知る必要がありますからね。このサイトでは、「どうやったら旅行業務取扱管理者の合格率を上げられるのか?」という観点で、書いていこうと思っています。

旅行業務取扱管理者はおすすめの資格

やっぱり、資格を取るなら、少しでも早く合格したいですよね。そして、仕事に役立つ資格が欲しいです。一発合格が可能で、しかも仕事に役立つ資格、ということを考えると、旅行業務取扱管理者は優れた資格だということが言えます。一発合格が可能だ、という理由は、最初にも述べたように旅行業務取扱管理者の合格率が30%であり、これが高い数値であるということと、コツをおさえることでさらに合格率を上げられるということによります。仕事に役立つ資格、という理由は旅行業法によります。旅行業法第1条(目的)には、営業所ごとに最低1人の旅行業務取扱管理試験に合格したものをその営業所の「旅行業務取扱管理者」として選任することが義務付けられています。だから、旅行関係の代理店を開くような時は、かならず旅行業務取扱管理者の有資格者が求められるわけです。だから、ニーズがあります。旅行業務取扱管理者の有資格者と無資格者が、旅行業界に面接に行ったら、高い確率で、というかほぼ確実に、有資格者が採用されます。採用では実務経験も問われますが、これはアルバイトでも派遣でも、なんでもいいのでとにかく旅行関係で働いたという実績を作ればいいだけなので、簡単にクリアできるでしょう。

私は旅行業界に転職したくて、旅行業務取扱管理者の資格を取りました。仕事から帰ってくるのが夜21時半くらいなのですが、そこから近所のカフェに寄って、店が閉まる23時まで勉強しました。残業があると30分ほどしか勉強できない日もありましたが、受かりたい一心で毎日続けました。2カ月間の勉強で無事合格することができたときは、頑張って良かったなという感慨がありました。これから旅行業務取扱管理者を受ける方、頑張ってください。この資格、コツをつかめば、一発合格は十分に可能です。合格率を上げるために、やっておいた良かったと思うことなどをまとめています。旅行業法、約款、実務など、それぞれの科目別に見た勉強法についても、私なりの意見を書いていますので、よかったら参考にしてみてください。