旅行業務取扱管理者の年収を上げるコツ ①添乗手当

*
*

旅行業務取扱管理者の年収を上げるコツ ①添乗手当

添乗すればするほど添乗手当が増える

旅行業務取扱管理者の年収を上げる方法に「添乗手当を上積みする」という方法があります。社員には、通常業務にプラスして支払われる「手当」があります。住宅手当、資格手当など、業界、個別企業によっていろいろな種類がありますが、旅行業界にある手当で特徴的なのが「添乗手当」です。

添乗手当とは社員が旅行に添乗員として同行することでもらえる手当です。1回当たりいくらで計算されるので、たくさん添乗すればするほど、添乗手当の額は大きくなります。

旅行業務取扱管理者としての内勤と同時に外にも出られる

添乗手当の額は、国内旅行なら1回あたり3,000円~6,000円程度。海外旅行なら1回あたり5,000円~7,000円程度です。旅行業務取扱管理者は旅行の手配をしたりコンサルティングをしたりと、店内での事務・営業作業が主になりますが、添乗手当は外(国内の別の場所、海外の別の国)に行くことが仕事となります。外に出ることが好きな人には楽しめて年収アップもできる方法なので魅力的ですよね。

添乗手当がない就職先もあるので注意

添乗手当狙いで旅行業務取扱管理者への転職を考えるのなら、ツアーをプランニングする大手旅行会社か、そこから直接仕事を受注する中小旅行会社または関連会社に転職することをおすすめします。旅行代理店で勤務すると、添乗手当の仕事を得るチャンスはなくなりますので注意しましょう。