旅行業務取扱管理者の独学で注意したいこと

*
*

旅行業務取扱管理者の独学で注意したいこと

独学用旅行業務取扱管理者試験テキストの特徴

旅行業務取扱管理者試験に独学でチャレンジしようと考える方は少なくありません。その理由は、旅行業務取扱管理者試験の通信講座や資格スクールの講座が少ないため、じゃあ独学でも同じじゃないかと思われがちなようです。でも、独学で勉強するのと通信講座または資格スクールで勉強するのには明確な差があります。その端的な要素は、テキストです。

ぎっしり文章が詰まっていて読みにくい

独学用の旅行業務取扱管理者試験用テキストは、読みにくいです。文章がぎっしり詰まっているのです。書店で売られている旅行業務取扱管理者試験用テキストは、もともとの種類が少ないというのも、テキストのクオリティを下げている大きな要因だと言えます。書店で独学用の旅行業務取扱管理者試験用テキストを選ぶときは、必ず中身を確認して、一番読みやすいものを選びましょう。難しいかもしれませんが・・・。

旅行業務取扱管理者用テキストをムリして読むと挫折する

勉強するときは、「読みにくいので勉強が苦痛」という前提で読むようにしましょう。でないと、挫折してしまいます。ブログを読み慣れている、SNSを読み慣れているから大丈夫という感覚で、独学用のテキストを読もうとすると、「やーめた」となる確率が高いです。旅行業務取扱管理者の独学で一番挫折しやすいのは、この「テキストを読む」という最初の段階です。知らない専門用語ばかり出てくるのだから、読んで面白いはずはありません。ムリせず、少しずつ読んでいくようにしましょう。