旅行業務取扱管理者は何点で合格か

*
*

旅行業務取扱管理者は何点で合格か

旅行業務取扱管理者試験は60点で合格

国内旅行業務取扱管理者の合格基準は60%です。旅行業務取扱管理者には「国内旅行業務取扱管理者」と「総合旅行業務取扱管理者」の2種類があります。「国内旅行業務取扱管理者」は国内旅行限定の管理者資格です。「総合旅行業務取扱管理者」は国内旅行、海外旅行、つまり全ての旅行の管理者資格です。「国内」よりも「総合」のほうが、資格としてのランクは上になりますが、合格基準は「国内」「総合」とも同じ60%以上です。60%ということは、100点満点の試験だった場合、60点以上だと合格ということになります。これはかなりゆるい合格基準ですよ、うん。

合格率も合格基準もゆるい旅行業務取扱管理者はねらい目!

国内旅行業務取扱管理者の合格率」でも書きましたが、旅行業務取扱管理者の資格は、「国内」「総合」共に約30%であり、簿記2級、FP2級(AFP)と並びます。しかし、簿記2級とFP2級は、70%以上取らないと、合格できません。でも旅行業務取扱管理者は、60点以上で合格できるのです。この点でも、旅行業務取扱管理者という資格はねらい目ですね!!

旅行業務取扱管理者の勉強時間はかなり減らせる

60点というと、試験問題の半分より少し多く正解すれば合格、ということになります。学生だったころのことを思い返していただくと分かると思いますが、受験などの試験で60点とればオッケー、というのはかなりハードルが低いということが分かります。勉強するときも、気分が明るくなりますね。100点満点とれるように勉強する必要はないのです。60点とれるだけの知識を身に付ければいいわけです。「出やすいところ」だけにしぼって、60点以上になるように勉強すれば、勉強時間はかなり減らせます。仕事をしながら勉強する社会人にとっては、嬉しい基準ですね。

しかし、旅行業務取扱管理者の合格基準が60%ということで安心するのはまだ早い。実はここに落とし穴があります。詳しくは「旅行業務取扱管理者試験合格基準の落とし穴」に続きます。