旅行業務取扱管理者試験は地理が合格のカギ

*
*

旅行業務取扱管理者試験は地理が合格のカギ

旅行業務取扱管理者試験の国内観光地理は覚えることが膨大

国内旅行業務取扱管理者試験の合格率を大きく左右するのが国内観光地理です。国内観光地理は、科目「国内旅行業務全般」の中で出題される分野です。地理は覚えることが大量にあります。普通に全部覚えようとしたら、まず勉強が終わりません。少しでも労力を減らすために、試験に出る可能性のある分野をピックアップすることは必須ですが、それでもかなりの量になるので大変です。

白地図を使ったおすすめ地理暗記法

そんな、旅行業務取扱管理者試験受験者の悩みのタネとなる地理ですが、私が行った、おすすめの暗記テクニックをご紹介します。このほうほうでは、白地図を使います。ネットで白地図はダウンロードできるので、これをプリントアウトします。白地図に試験に出やすい都市名、祭り名と季節を書き込んでいきますどこが「出やすい」かは、旅行業務取扱管理者試験用の問題集を参考に選びましょう。問題集に「頻出」マークがついているものは要書き込みです。問題集を1問ずつ解いて暗記するより、白地図に全部書き込んで全体を見て暗記するほうが頭に入りやすいですよ。ぜひおためしください。

旅行業務取扱管理者試験の地理は勉強法を工夫しないとつまずく可能性大

私はこのやり方で地理を勉強して、旅行業務取扱管理者試験に合格しました。地理の勉強の大変さから、つまずいて試験に失敗する、または途中で挫折する受験者は多いです。普通にやっていたら、失敗リスクは高くなりますから、地理は勉強の仕方を工夫することをおすすめします。